読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名状しがたいビジネスプロデューサーのようなもの

ビジネスプロデューサーという表現が一応もっとも近そうな最近。新しい技術と社会をつなぐために奮闘する社畜のドタバタ日記です。なんだかんだ某広告代理店の新規事業部も4年目に。日々思ったことを率直に書いていこうかと。趣味はソシャゲとお酒と記事書きと手相占いです。

大事な時に打てば響く会社はいい会社

先週/先々週はそれをとても感じた一週間だった。

 

クライアント側にも

手前味噌だけど自分の会社にも、

そういう人や組織があるのは

とても良いと思った。

 

重要な局面に

なあなあとかこれまでの流れとか、

なりゆきとか

そういうものに流されたりしないで、

 

まずいものをまずいといって

向き合っていけることを

組織単位で実行できることは

大企業でもベンチャーでも、

当たり前だけど結構難しい。

 

 

毎回言うとおりにしかしないのも

当然会社として混乱するけど、

そういう大事なタイミングにこそ、

問題や課題提起を積極的にして、

それと向き合って意思決定できるのは

とてもいいとおもう。

 

 

こんな名状しがたいビジネスプロデューサーにも

ちゃんと居場所があるのはなかなかだとおもうな。

 

考え事してたら朝になってしまった。

広告を非表示にする