読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名状しがたいビジネスプロデューサーのようなもの

ビジネスプロデューサーという表現が一応もっとも近そうな最近。新しい技術と社会をつなぐために奮闘する社畜のドタバタ日記です。なんだかんだ某広告代理店の新規事業部も4年目に。日々思ったことを率直に書いていこうかと。趣味はソシャゲとお酒と記事書きと手相占いです。

才能を突きつけたときにも頑張れるか

今の会社に限らないけど、仕事をしていると天才の所業を結構近くでみれたりする。

 

彼にはこの分野では多分一生敵わないだろうというそういう人にもたくさん出食わすし、あの人は一生ダメなんだろうなって思うこともあるし。

 

もちろん自分でも同じなわけで。

 

僕は人間の基本権利は平等だけど、身体も精神も、才能や能力は平等じゃないという立場をとっている。

 

だからダメな人はその領域では何をやってもダメだし、

デキル人は少ない努力でも出来ていいし、

努力は結果のための課程に過ぎないし。

 

でもそういう現実も全部自分のこととして正しく向き合った上で、全力で研鑽すべきなんだと思っている。

そういう救われない矛盾した中でも、最高のその人なりのアウトプットを出すのが、プロの礼儀だとおもうわけ。

 

明日一勝負してきます。

広告を非表示にする