読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名状しがたいビジネスプロデューサーのようなもの

ビジネスプロデューサーという表現が一応もっとも近そうな最近。新しい技術と社会をつなぐために奮闘する社畜のドタバタ日記です。なんだかんだ某広告代理店の新規事業部も4年目に。日々思ったことを率直に書いていこうかと。趣味はソシャゲとお酒と記事書きと手相占いです。

異動とかボーナスとか

そういう時期ですよね。

 

僕は今のビジネスプロデューサーとしての

事業開発の仕事を一生やっていきたいので、

異動しなくて済んだとおもうけど、

この考え方は何が正解なのか、難しいものがあるなと思う。

 

よく「色々経験して~~」

という先輩がいるけど、 

この人の「色々」はどれくらいの価値で、

本当に意味があったのかわからないような人もたくさんいるし、

 

よく

「結果的に行ってよかった」

と言う人もいるけど、

それも自分の失敗というか

ある意味会社やマネジメントからの

どうしようもない圧力に屈したことを、

正当化しているに過ぎないのではとか、

そうおもってしまう。

 

本当に良かった人ももちろんいるんだろうけど、

結局何がよかったのか、

結果的にわからないときには、

やっぱり本人がいかに納得するかどうかが全てなんだろう。

 

わがままな自分的には、

納得しない進路は

一切いかないだろうから上記と無縁なんだろうけど。

 

明日はテレビ局の友達の飲みに混ざってきます。

おやすみ。

*ボーナスのことは基本ノーコメントだけど、 今の部長に感謝とだけ。

広告を非表示にする