名状しがたいビジネスプロデューサーのようなもの

ビジネスプロデューサーという表現が一応もっとも近そうな最近。新しい技術と社会をつなぐために奮闘する社畜のドタバタ日記です。なんだかんだ某広告代理店の新規事業部も4年目に。日々思ったことを率直に書いていこうかと。趣味はソシャゲとお酒と記事書きと手相占いです。

Amazon、「プライムデーはブラックフライデーを上回る大成功、今後も継続する」と発表

Amazon、「プライムデーはブラックフライデーを上回る大成功、今後も継続する」と発表 | TechCrunch Japan

 

おれもプライム会員の1人なのですが、

この施策には色々な示唆を感じた。

 

まず、全然数字を公表しないアマゾンが、

かなり具体的に成果を外部に説明していた。

昔某電子書籍アプリをやっていたときに、

Amazon側の情報がないから

全然踏み出せなかったのもなつかしい。

今は企業体質が変わっているのかな。

 

次に、プライム会員の有力さだ。

これは他の小売でもいけるかもなと思って、すごい可能性を感じた。

アマゾンなんて、正直高級品を買うわけではないと思うので、

配送のメリットや品の入れを変える会員ステータスをつくるだけで、

ECに新しい稼ぎ方やCRMのポテンシャルを提示していると思う。

 

最後に各国で最も売れた商品。

これもおもしろい。

なんで日本はグリーンスムージーでイギリスでレノボなのだろうとか。

消費の背景と売り方の戦略をどうしたらそういう風になったのか、その相関関係がとても気になった。

イギリスは昔レノボのPCが中国でハッキング装置はいっているとかで騒いでいなかったっけ?

クロックスもドイツはもちろんルーツだからうれやすいかもしれんけど、オーストリアもそうなんだとか。文化背景の近いブランドってアップセルができるのかな。

 

 

こういうEC事業も面白いのかもね。

fresh理系+(りけぷら)の講演会で社会人ゲストしてきました

今日はこんな講演会にゲストをしてきた。

理系イベント情報 » 理系のお茶会〜社会人による高校生へのちょっと変わった講演会〜

大学生と社会人がサポートはしつつ、高校生が主体的にそういう活動運営をしているとのこと。

 

僕自身広報許可をもらうのに

時間がかかってこまったし、

寝不足で準備もいまいちでしたが、

理系のキャリアとかを考えるいい機会でした。

 

理系の科目や学習キャリアをへていく時に得られる、定量感覚とか論理演算とか研究検証とか器用さって社会にでても役に立つということをふれつつでしたし、本当はもっと色々話せることもあったと思うんだけど、まあ楽しそうと思ったことを延々とやっていけばいいと思うんだよね。

 

 

ペイフォワード的な意味も含めて、

こういうのは極力協力していきたい。

 

今回初めてこういう話す機会でゲストをするときにスライドを使わないでみたけど、もっとプレゼンの仕方とかをさらに練習していきたい。

 

理系イベント情報 » 理系のお茶会〜社会人による高校生へのちょっと変わった講演会〜

 

「やる気」と「残業」の相関関係

面白いなとおもった。

 

「やる気」と「残業」の相関関係 (1/2) - ITmedia ビジネスオンライン

 

うちの会社のデータもあったら知りたい。

 

やっぱりコンサル作業は時間かかるんだよね。

相手が納得しないといけないしね。

 

おれはやるき5だけど残業が30時間くらい減りました。

 

厚労省ブラック企業は・・・といっていてからなので、

やっぱり国の通達は偉大だと思ったわけです。

 

あとプロマネになってから

案件を自分でコントロールできるようになってきて、

筋が悪いものとかを判断してまびけるのが、とても大きい。

 

リソースが限られている中で

数字も成果も事業ケイパも全部やらないといけない中で、

筋が悪いものを作ってはいけないよね。

 

「やる気」と「残業」の相関関係 (1/2) - ITmedia ビジネスオンライン

三井不動産の残業の少なさも驚いた。

 

明日も頑張ろう。

大事な時に打てば響く会社はいい会社

先週/先々週はそれをとても感じた一週間だった。

 

クライアント側にも

手前味噌だけど自分の会社にも、

そういう人や組織があるのは

とても良いと思った。

 

重要な局面に

なあなあとかこれまでの流れとか、

なりゆきとか

そういうものに流されたりしないで、

 

まずいものをまずいといって

向き合っていけることを

組織単位で実行できることは

大企業でもベンチャーでも、

当たり前だけど結構難しい。

 

 

毎回言うとおりにしかしないのも

当然会社として混乱するけど、

そういう大事なタイミングにこそ、

問題や課題提起を積極的にして、

それと向き合って意思決定できるのは

とてもいいとおもう。

 

 

こんな名状しがたいビジネスプロデューサーにも

ちゃんと居場所があるのはなかなかだとおもうな。

 

考え事してたら朝になってしまった。

モーニング娘。’15鈴木香音、激やせ姿が話題に

おれもやせたいなーといって早3年。

本当にピークの時よりは3,4kg軽いけども今年も同じくらい体重落としていきたいところ。

 

モーニング娘。’15鈴木香音、激やせ姿が話題に (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

 

ヘルスケアの案件やっていてもそうだけど、

 

やっぱり承認欲求とか

人から見られるということを起点にして、

ダイエットと美容は進むんだなとおもう。

 

健康になりたいは

既にほとんどの人が当たり前にある

と感じてしまっているからそれで集客が難しいわけで。

 

だからこそ文脈のすり替えを

いかにやるかが、

今以上に市場全体を

どう大きくするかにかかわっているとおもう。

 

ほとんどの嗜好品が実はそうなのではないかな。

 

ずっきのダイエットが社畜ネタになりそうなので、

これくらいにする。

 

今週も頑張ろう。

名状しがたいことによる大企業新規事業部の苦労

今日あるデジタルケイパプレゼン

 

*デジタルのケイパビリティ(競争力)を見せて、

「ほらうちってパートナーとしていいっしょ??」

と考えさせるプレゼンテーションのこと、

ここで実施自体に

まだ内容が決まっていなくてもフィーが出たりする。

 

この時に呼び出されたはいいものの、

「で、片山の部署ってなにやってるの?」

と聞かれて、

「ほら、今うちでどこもやってない新しい芽をさがすんすよ」

といって、

いくつか最新のソリューションの話を

新規事業として紹介する。

 

「うーん、おれデジタルわからんからわからん」

プレゼンの資格ないよねw

 

でも、

正直隣接していたり、

似ているソリューションだったり、

本当に儲かるまで時間がかかるものであったりが、

混在しているのである。

 

大企業の新規事業

ってそもそも、

これまでの稼業がそれなりにいいから、

大企業なのであって、

なんとなくの停滞の中で、

新しいものを探すのは結構大変である。

 

しかも、理解されにくいっていう、

結構2重苦で、

 

さらに全く関係ない領域は

やっぱり始められないし。。。

 

ケイパとして呼んでもらえるだけでもいいとして、

結構強く上記を感じた1日だった。

 

新しい競争力を探していこう。

熱海の海峯楼

熱海の海が一望できる高級温泉旅館 - ATAMI 海峯楼

 

行きたいですね。

 

こういう一流のサービスにふれるのも広告会社の仕事だ!

と言い訳して夏休みを使いたいww

 

結構9月はあいてるんだね。

実際ちゃんと夏休みがとれたらって探してたら、

予約は取れるのかそもそもわからないが。笑